初めての方へ

おおすみ行政書士事務所

行政書士って何をする人?

行政書士とは、他の法律において制限されているものを除き、他人の依頼をうけ、報酬を得て、官公署に提出する書類その他の権利義務の発生・存続・変更・消滅等の意思表示を内容とする文書又は法律上若しくは社会生活上重要な利害関係のある事実証明に関する文書の作成並びにこれらの書類を官公署に提出する手続を代わって行い、書類の作成について相談に応ずることを業としています。

意味不明ですね!

簡単に言うと、役所に提出する面倒な書類を代理で作成し提出までも代行することと、相続や離婚、会社の議事録や契約書などみなさんの権利や義務に関する書類を作成することです。
もちろん、それには作成前段階の相談や調査も含まれます。

気軽な街の法律家です

普通の人が「これって法律的なこと?」と認識しないようなことでも、実際は何かしらの法律が関係していることが多いです。

いきなり弁護士さんに相談するのは敷居が高いですし、料金も高いです。

そんなときには、ぜひ気軽な街の法律家である行政書士を頼って下さい。
最初の相談は無料で受け付けています。

どんなときに頼むの?

多くの人が、諍いに巻き込まれたり相続や離婚が今まさに進行中のときに相談されますが、もちろんそれでも構わないのですが、出来れば事前にご相談していただくと余分な争いもなく円満に解決できることが多いです。

どの士業に頼んだら良いのかわからない

日本の士業は細分化されていますので、どの士業の人に頼んだら良いのか分からないという場合でも、まずはみなさんの一番身近な法律家である行政書士にご相談下さい。
当事務所の手に負えないような案件であれば、信頼の出来る他士業を紹介させていただきます。

 

 

おおすみ行政書士事務所へのお問い合わせフォーム