飲食業許可

飲食店営業許可とは?

飲食店営業許可とは、レストランなど設備を設けて客に 飲食物を提供する飲食店を開業する場合に必要となる許可を指します。

この手続きは食品衛生法にもとづく都道府県知事の許可です。(実際の申請窓口は、保健所となります)

レストランだけでなく、居酒屋・ラーメン店・パン屋・定食屋・割烹料理店 ・カフェ・寿司屋・中華料理店・麺処・弁当屋・惣菜屋・そば屋などあらゆる形態の 飲食店が該当いたします。

この許可を受けないで飲食店等の開業をしてしまうと、 営業停止などの行政処分の対象となりますのでご注意ください。正式には「飲食店営業許可」とは食品営業許可の一分類を指します。

食品営業許可の種類

一口に食品営業許可といっても、これから行う業務の内容や食品との関わり方、 取り扱う食品の種類によってさまざまな種類があります。
場合によっては複数取得しなければならない場合もあります。

それぞれの種類について許可を取得する要件などが異なりますから、 許可申請手続に入る前にまず許可の種類を確認することが大切です。

また、許可の業種は、食品衛生法及び都道府県の条例で定められています。下記に示す内容は東京都の場合とご理解ください。

分類1 調理業

調理業としては飲食店営業と喫茶店営業の2種類があります。両者の違いは、飲食店が食品に手を加えて調理することが出来るのに対して、喫茶店は、基本的に食べ物に手を加えて提供することが出来ません。

飲食店営業

飲食店営業とは、食品を調理し、設備を設けて客に飲食させる営業を言います。レストランだけでなく、一般的に言う喫茶店も軽食を提供すると飲食店営業許可が必要です。

居酒屋ラーメン店パン屋定食屋割烹料理店カフェ寿司屋中華料理店麺処弁当屋惣菜屋そば屋

喫茶店営業

喫茶店営業とは、喫茶店などその他の施設を設けて酒類以外の飲物や茶菓を客に飲食させる営業を言います。

ドリンクバージューススタンドアイスクリーム屋カキ氷屋

分類2 製造業

食品を加工して製造するための許可です。許可の種類は全部で28種類あります。

菓子製造業あん類製造業アイスクリーム類製造業乳製品製造業食肉製品製造業魚肉ねり製品製造業清涼飲料水製造業乳酸菌飲料製造業氷雪製造業食用油脂製造業マーガリン又は
ショートニング製造業みそ製造業醤油製造業ソース類製造業酒類製造業豆腐製造業納豆製造業麺類製造業そうざい製造業缶詰又は瓶詰製造業添加物製造業つけ物製造業製菓材料等製造業粉末食品製造業そう菜半製品等製造業調味料等製造業魚介類加工業液卵製造業

分類3 処理業

牛乳や脱脂乳、加工乳等の処理や、特別牛乳の搾取、生牛乳の集荷や保存、 食肉の処理、魚介類の冷凍、冷蔵、食品の放射線照射業等です。

許可の種類は全部で6種類あります。

乳処理業特別牛乳さく取処理業集乳業食肉処理業食品の冷凍又は冷蔵業食品の放射線照射業

分類4 販売業

乳類・食肉・魚介類・氷雪の販売、せり売りなどをする場合に必要です。6種類あります。

乳類販売業食肉販売業魚介類販売業魚介類せり売営業氷雪販売業食料品等販売業

飲食店営業許可の要件

飲食店営業許可を取得するためには、次の3つの要件をすべて満たしていなければなりません。設備要件などをクリアするため、設備工事が必要になったり、食品衛生責任者の資格を取得するため、講習を受講したりする必要があります。

フロアーの賃貸借契約を結ぶ前や厨房などの設備工事を行う前には必ず、設備要件などを確認してから準備をすることをオススメします。

  • 営業施設の設備基準を満たしていること
  • 食品衛生責任者を設置していること
  • 欠格要件に該当しないこと
  • 営業施設の設備基準を満たしていること

営業施設の設備基準はすべての業種に必要な施設の基準(共通基準) と業種ごとに定められた施設の基準(特定基準)に基づいて行われます。

詳しくはお問い合わせ下さい。

飲食店営業許可取得後の手続き

許可取得後の手続きを怠ると、営業が続けられなくなる恐れがあります。取得後も忘れずに手続きが必要です。

更新手続

許可の有効期限の満了日までに行わなければなりません。

変更手続

営業許可書の記載事項に変更があるとき

施設を改装したとき

食品衛生管理責任者を変更したとき