古物商許可

古物商に関する事項は、古物営業法で規定されています。古物商とは、許可を受けて、古物を「売買」「交換」「委託を受けて売買」「委託を受けて交換」する営業のことです。

古物とは?

古物営業法上の「古物」とは、以下の物を指します。ここでいう「使用」とは、その物本来の目的にしたがってこれを「使う」ことをいいます。 また、「幾分の手入れ」とは、物の本来の性質、用途に変化を及ぼさない形で、修理等を行うことをいいます。

  • 一度使用された物品
  • 新品でも使用のために取引された物品
  • これらのものに幾分の手入れをした物品

古物の分類

古物は、古物営業法施行規則により、次の13品目に分類されています。具定例に該当しない物でも、13分類のいずれかに分類して申請いたします。

古物の分類 具体例

  1. 美術品類 あらゆる物品について、美術的価値を有しているもの 書画、彫刻、工芸品等
  2. 衣類 繊維製品、革製品等で、主として身にまとうもの 和服類、洋服類、その他の衣料品
  3. 時計・宝飾品類 そのものの外見的な特徴について使用する者の嗜好によって選択され、身につけて使用される飾り物 時計、眼鏡、宝石類、装身具類、貴金属類等
  4. 自動車 自動車及びその物の本来的用法として自動車の一部として使用される物品 自動車(その部分品を含む。)
  5. 自動二輪車及び原動機付自転車 自動二輪車及び原動機付自転車並びに、その物の本来的用法として自動二輪車及び原動機付自転車の一部として使用される物品 自動二輪車及び原動機付自転車(これらの部分品を含む。)
  6. 自転車類 自転車及びその物の本来的用法として自転車の一部として使用される物品 自転車類(その部分品を含む。)
  7. 写真機類 プリズム、レンズ、反射鏡等を組み合わせて作った写真機、顕微鏡、分光器等 写真機、光学器等
  8. 事務機器類 主として計算、記録、連絡等の能率を向上させるために使用される機械及び器具 レジスター、タイプライター、計算機、謄写機、ワードプロセッサー、ファクシミリ装置、事務用電子計算機等
  9. 機械工具類 電機によって駆動する機械及び器具並びに他の物品の生産、 修理等のために使用される機械及び器具のうち、事務機器類に該当しないもの 電機類、工作機械、土木機械、化学機械、工具等
  10. 道具類 古物の分類に掲げる物品以外のもの 家具、じゅう器、運動用具、楽器、磁気記録媒体、蓄音機用レコード、 磁気的方法又は光学的方法により音、影像又はプログラムを記録した物等
  11. 皮革・ゴム製品類 主として、皮革又はゴムから作られている物品 カバン、靴等
  12. 書籍 書籍
  13. 金券類 商品券、乗車券及び郵便切手等

古物に該当しない物

古銭、趣味で収集された切手やテレホンカード類は、 「その物本来の使用目的に従って取引されたものではない」ため、古物には該当しません。 庭石、石灯籠、空き箱、空き缶類、金属原材料、被覆いのない古銅線類は、古物に該当しません。

許可取得にかかる期間

古物商許可申請は、申請から40日以内に許可・不許可の通知があります。
古物市場主許可申請は、申請から50日以内に許可・不許可の通知があります。

申請先

古物商許可の申請先は、営業所を管轄する警察署です。